【雑学】地球上で最強の毒は何?

スポンサーリンク

今日の豆知識は「最強の毒」についてです。

強い毒と聞くと、何を思い浮かべますか?

コブラの毒
カエルの毒
サリンとか青酸カリなどの化合物
などいろいろな毒が思いだされると思います。

もちろんそれらは物凄く強い毒素ですが、
地球上で最強の毒といえば

ボツリヌス菌
だといわれています。

ちなみに「ボツリヌス」とはラテン語で「腸詰め」を意味する「ボトゥリヌス」に由来し、19世紀のヨーロッパで、ソーセージやハムを食べた人の間で起きた食中毒から付いた名前です。

さて、そのボツリヌス菌の致死量ですが

なんと

体重70Kgの人に対して、0.7-0.9 μg (0.0000007g – 0.0000009g )

1gあれば、約100万人の致死量に相当します。
500gもあれば全世界の致死量に相当するといわれています。

ちなみに青酸カリは経口投与で5人/gです。

ものすごい強い毒ですよね

ボツリヌス菌は、酸素があると増えることのできない偏性嫌気性菌で、土壌中や河川、動物の腸管など自然界に広く生息します。
缶詰、瓶詰、真空パック食品、レトルト類似食品 などで確認されているようです。

wikiediaより引用

そんな強力な毒の「ボツリヌス菌」ですが、
医療にも使われています。

非常に薄くしたボツリヌス菌を注射する
「ボトックス注射」

眼瞼・顔面痙攣などの治療 や
しわ治療などに用いられ、神経付近に注射してあえて神経をマヒさせます。

けろパパも右目のまぶたが痙攣するので、
このボトックス注射をした経験があります。

本日の雑学・トリビアでした。
なるべく毎日更新していきます。

これまでの雑学・トリビア一覧
スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気に入ったらシェアお願いします!!
うさけろのゆるふわライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました