【雑学】3大珍味「トリュフ」はメス豚しか探し当てることができない

スポンサーリンク

今日の豆知識は「トリュフ」ネタです。


トリュフといえば、フォアグラ・キャビアと並ぶ世界3大珍味の一つで、黒いダイヤとも呼ばれています。

セイヨウショウロ西洋松露Tuber spp.)とは、子嚢菌門セイヨウショウロ科セイヨウショウロ属に所属するきのこの総称である。子嚢果(子実体)はトリュフ(仏: truffe、英: truffle)の名で高級食材として知られる。

wikipediaより引用


さて、そのトリュフですが、フランス産が有名です。
そしてフランスでは地中に埋まっているトリュフを探すのに豚を用いてきました。

豚を使って探すというのは結構聞いたことがあるかと思いますが、

使っている豚はメス豚です。

メス豚がオス豚より嗅覚が鋭い訳ではなく、
トリュフの香りが発情期のオス豚が発する匂いによく似ているからだそうです。

トリュフにはオス豚が発する物質(フェロモン)と同じ物質が含まれています。
つまりメス豚はトリュフを探しているのではなく、オス豚の匂いを探しているだけなのだそうです。

やっとオスを見つけた!と思ってもキノコな訳です。

なんかかわいそうですね~

ちなみに小さい小粒のトリュフチョコレートというのは、
このトリュフと形が似ているからつけられました。

本日の雑学・トリビアでした。
なるべく毎日更新していきます。

これまでの雑学・トリビア一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました