雑学

【雑学】不買・拒否などの「ボイコット」の名前の由来は?

ある集団が自分たちの考えや要求を実現させる目的で、特定の相手に不買や拒否などを行う行為

「ボイコット」

さて その名前はどこからきたのでしょうか?

1880年頃

イギリスの軍人がアイルランドで管理していた土地で、法外な額の借地料をその小作農に貸したために、村八分にされる事が起きました

その村八分にされた軍人の名が

「チャールズ・カニンガム・ボイコット」

wikipediaより

こんな人だったようです(ヴァニティ・フェア」に掲載されたボイコットの風刺画)

その人の名前をとって「ボイコット」といわれるようになりました。

同じような事は昔からいろんなところで起きていたハズですが、不名誉な名前として使われるようになってしまいました。

今でもいろんな不買運動など起きてますからね

今後もこの言葉が使われていくのでしょうね

-雑学
-