イエローハットのオリジナルタイヤは国産有名メーカー製でコスパが抜群!

暖かくなってきて、タイヤ交換の時期がやってきました。

今回タイヤを買い替えることになりましたが、あまりお金が無いのでイエローハットのオリジナルタイヤを買うことにしました。

さて、その値段と性能はどうだったでしょう?

スポンサーリンク

イエローハットのオリジナルタイヤは3種類

黄色い帽子でお馴染みの
「イエローハット」

普通タイヤといえば
ブリヂストン・ヨコハマ・ダンロップ・トーヨータイヤなどたくさんのタイヤメーカーがあります。
最近では海外のメーカーの物も流通して安いタイヤも増えてきました。

ウチではよくネットでタイヤセットを買うことが多いのですが、

今回は、アルミは今使っているのをまた使いますのでタイヤだけ必要でした。
通販でタイヤだけ買って、交換を他にお願いしようかとも思っていたのですが、イエローハットに立ち寄った際にかなり安いタイヤを知ったので、試しに履いてみることにしました。

イエローハットで扱っている専売タイヤは3種類。
オリジナルとはいえ、製造元は国産の有名メーカーになるので安心です。

ECOFINE(国産低燃費タイヤ)

低燃費とウェットグリップ性能を両立した「ECOFINE(エコファイン)」

低燃費を追求すると転がり抵抗が減り、ウェットのグリップ性能が低下します。
そこを両立させたイエローハットの専売モデルで一番良いタイヤになります。

低燃費性能は A
ウェット性能は C になります。

イエローハット専売国産低燃費タイヤ ECOFINE

このタイヤの製造元は「DUNLOP(ダンロップ)」になります。

有名な国産メーカーですね

価格の目安は
185/60R15で32,800円+税(4本セット)です。

スポンサーリンク

MOBISYS 500 e(国産低燃費タイヤ)

次は、こちらも国産の低燃費タイヤ「MOBISYS 500 e(モビシス ゴーゼロゼロ イー」です。

こちらも「ECOFINE」同様に低燃費とウェットのグリップが良いタイヤです。

低燃費性能は A
ウェット性能は C になります。

イエローハット専売国産低燃費タイヤ MOBISYS500e

このタイヤの製造元は「TOYO TIRES(トーヨータイヤ)」になります。

こちらも有名な国産メーカーになります。

価格の目安は
185/65R15で24,800円+税(4本セット)です。

PRACTIVA BP-01 (国産スタンダードタイヤ)

そして最後は「PRACTIVA BP-01(プラクティバ ビーピーゼロワン」です。

こちらは低燃費でもない普通のタイヤという位置付けとなります。

イエローハット専売国産タイヤ PRACTVA

このタイヤの製造元は「YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ)」になります。

こちらも有名な国産メーカーですね。

価格の目安は
185/65R15で20,000円+税(4本セット)です。

今回はPRACTIVA BP-01 を選択

という事で、店の方からは低燃費のECOFINEを勧められましたが、予算の関係でPRACTIVA BP-01を選択しました。

購入したサイズは
195/65R15で20,800円+税(4本セット)になります。

その他の費用として、
タイヤ処分代・エアバルブ代・工賃(バランス込み)でだいたい5,000円(税込み)ぐらいでした。
※日専連のイエローハットカードを持っているので工賃はたしか半額?だったと思います。
※タイヤの脱着のみで、車体への装着は入ってません。

タイヤ交換は自分でやります。

ウチではタイヤ交換は自分でやります。

ウチの車2台・ヨメさんのお母さんの車1台・兄貴の車1台の合計4台を兄貴と二人で作業します。

4台もやるのですから、いちいちお店に頼んでいたのではお金がかかりすぎて大変なので、昔からずっと自分で作業してました。

その内に道具も揃っていき、作業はどんどん楽になってきてます。
道具さえあればそれほど大変ではないので、節約したいのであれば道具を揃えてもすぐにペイできると思うので、場所が確保できる人は自分でタイヤ交換をオススメします。

スポンサーリンク

PRACTIVA BP-01 を履いて走行した感想は?

今回イエローハットのオリジナルタイヤで一番安い「PRACTIVA BP-01」を履いてみましたが、思ったよりロードノイズも少なく、結構静かだなと感じました。

国産有名メーカーの「YOKOHAMA」製でありながら 1本5000円程度と激安でコストパフォーマンスはかなり良いと思います。

後は減り具合がどのぐらいか気になるところですが、この値段と考えたら十分満足できるタイヤだと思いました。

まとめ

イエローハットのオリジナルのタイヤ3種類ですが、どれも国産の有名メーカー製で品質は全く問題ないといえると思います。

それでいて価格設定はかなり安くなっているので、非常にお得なタイヤではないでしょうか。

最近いろいろな国の安いタイヤが増えてきておりますが、お金をかけずに国産のメーカーが良いという人には非常にオススメだと感じました。

今回は予算の関係で一番スタンダードなタイヤにしましたが、それでも値段以上の性能だったと思います。

自分でタイヤ交換をしても、お店でタイヤ交換をしたとしてもナットのトルク(締め具合)は定期的に確認してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました